Blog

活動報告2021.01.21

ラトガース大学(アメリカ・ニュージャージー州)での研究活動のご報告

2019年8月末から2020年6月まで、アメリカ、ニュージャージ州ニューアークにあるラトガース大学(Rutgers University School of Nursing)に行かせて頂きました。

障害児に対する支援やダウン症児の睡眠支援、看護学教育など研究や教育に関することを学ぶことが出来ました。また、私が滞在していたニューアークはニューヨークに近く、国連本部などを見学する機会がありました。しかし、2020年3月中旬にコロナウィルス感染拡大のためニューアークはロックダウンとなり、大学が閉鎖されました。全ての活動が困難となり、6月に帰国しました。留学の期間は短縮となりましたが、とても貴重な体験をさせて頂きました。


「It's up to you(あなた次第)」

私が留学先でお世話になっていたラトガース大学のDr. Suzanne Willardからよく言われた言葉です。私はDr. Willardに「これをすることが出来ますか?」と質問すると、「It's up to you(あなた次第)」と言われました。「ここで出来る範囲」から行動を決定するのではなく、「私がしたいこと」から行動を決定することが大切ということです。この言葉はアメリカでの私の行動を変えてくれた言葉となりました。Dr. Willardは私がやりたいことを伝えると、様々な情報を提供してくれたり人を紹介してくれたりしました。「It's up to you(あなた次第)」と言って終わるのではなく、Dr. Willardをはじめ多くの先生方や学生さんが支援してくださり、手厚い支援を頂きました。


本当に感謝しています。また、留学や海外研修の機会があれば、是非行きたいと思っています。
写真は Monina Franco-Tantuico 先生(Rutgers University Center for Clinical Learning)です。シミュレーション教育の見学をさせて頂きました。

この記事を書いた人
黒田 裕美
Hiromi Kuroda RN, PhD

最新ブログ